ORCA Signal 会員規約

 

第1章 総則

第1条(会員規約)

   この会員規約は、当社が提供するサービスを第3条所定の会員が利用することについての一切に適用します。

第2条(会員規約の変更)

 1 当社は、会員の了承を得ることなく、この会員規約を変更することがあります。この場合には、サービスの利用条件は、変更後の会員規約によるものとします。

 2 変更後の会員規約については、当社がオンライン上に表示した時点より、効力を生じるものとします。

 

第2章 会員

第3条(会員)

 1 会員とは、当社の有料サービスへの入会を申し込み、当社がこれを承認した者をいいます。

 2 入会申込者は、当社の有料サービスの入会を申し込んだ時点で、この会員規約の内容を承諾したものとみなします。

第4条(入会の承認)

 1 当社は、入会申込者の入会申込を受け付け、必要な審査・手続等を経たのちに入会を承認します。

 2 入会に必要な審査・手続等が完了するまでの間、入会申込者は、当社のサービスを利用することができますが、このことによって当社が入会を承認したとはみなされません。

第5条(入会の不承認)

 1 当社は、入会申込者による入会申込後、入会申込者が以下のいずれかに該当することがわかった場合、その者の入会を承認しないことがあります。

 (1)入会申込者が実在しないこと。

 (2)入会申込をした時点で会員規約の違反等により会員資格停止処分中であり、または過去に会員規約の違反等で除名処分を受けたことがあること。

 (3)入会申込の際の申告事項に、虚偽の記載、誤記、または記入漏れがあったこと。

 (4)入会申込をした時点でサービスの利用料金の支払を怠っていること、または過去に支払を怠ったことがあること

 (5)入会申込の際に決済手段として当該入会申込者が届け出たクレジットカードがカード会社により無効扱いとされていること、または、当社の指定する立替代行業者が当該入会申込者との立替払契約の締結を拒否したこと。

 (6)入会申込者が未成年者、被保佐人、成年被後見人等のいずれかであること。

 (7)その他当社が入会申込者の入会を不適当としたこと。

 2 前項により当社が入会の不承認を決定するまでの間に、当該入会申込者がサービスを利用したことにより発生する利用料その他の債務は、当該入会申込者の負担とします。

第6条(譲渡禁止等)

   会員は、会員たる資格を第三者に譲渡することはできません。

第7条(会員からの解約)

 1 会員が本契約を解約する場合は、所定の方法で当社に届け出るものとします。当社は、既に受領した利用料の払い戻し(日割りによる会費の払い戻しも含む)を行いません。

 2 会員資格は一身専属性のものとします。当社は当該会員の死亡を知り得た時点をもって、前項の届出があったものとして取り扱います。

 

第3章 会員の義務

第8条(私的利用の範囲外の利用禁止)

   会員は、当社のサービスを私的利用の範囲に限って利用するものとし、当社のサービスを使用して私的利用を超えた営業活動等をすることはできません。

第9条(著作権その他知的財産権の侵害の禁止)

   当サービス内で提供または使用を許諾する文書・印刷物・ソフトウェア・Webサイト・コンテンツ等(以下「提供資料等」といいます)の著作権・特許権・商標権その他の知的財産権は、すべて当社または当社が指定する第三者に帰属しており、各会員は事前の書面による許諾がない限り、いかなる形態においても提供資料等の全部、または一部について転載および複製並びに改変を行ってはならず、また、提供資料等を第三者へ開示または提供(貸与や使用許諾を含みます)もしくは譲渡してはならないものとします。

第10条(その他禁止行為)

   前二条のほか、会員は以下の行為を行ってはなりません。

 (1)他者を差別もしくは誹謗中傷し、または他者の名誉もしくは信用を毀損する行為。

 (2)アフェリエイトを含め他社の商品の販売及び勧誘の類をする行為。

 (3)シグナルを他で転用する行為。前8条にも該当します。

 (4)他者になりすましてサービスを利用する行為。

 (5)その他、法令、この会員規約もしくは公序良俗に違反する行為、サービスの運営を妨害する行為、当社の信用を毀損し、もしくは当社の財産を侵害する行為、または他者もしくは当社に不利益を与える行為。

 

第4章 利用料金

第11条(サービスの利用料)

   サービスの利用料は月額15,000円とします。

 

第5章 運営

第12条(免責)

 1 当サービス(共有された情報、シグナル等)は、結果を保証するものではありません。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害・損失等につきましても当社は一切責任を負わないものとします。

 2 質疑応答の内容等の正確性を保つように努めますが、すべての誤りが訂正されることを保証するものではありません。

 3 当サービスは、いかなる場合にも逸失利益、無体物に生じた損害、第三者から会員に対してなされた損害賠償請求に基づく損害、特別損害等について、一切責任を負わないものとします。

 4 当サービスにより、会員が特定の知識や技術等を習得されることを保証するものではありません。また、会員の特定の目的に対し、適合・有益・最適等であることを保証するものではありません。当サービスにより提供されている内容が正確であるよう最善をつくしてありますが、正確性及び完全性を保証するものではありません。

第13条(サービスの一時的な中断等)

 1 当社は、システムの定期保守や緊急保守を行う場合、システムに負荷が集中した場合、本サービスの運営に支障が生じると当社が判断した場合、会員のセキュリティを確保する必要が生じた場合その他必要があると判断した場合には、事前に通知することなく、本サービスの全部または一部の提供を中断または停止する等の必要な措置をとることができるものとします。

 2 前項によるサービス提供の中断または停止に伴い会員に生じた損害について、当社は責任を負わないものとします。

第14条(会員規約違反等への対処)

   当社は、会員が会員規約に違反した場合、会員によるサービスの利用に関し他者から当社にクレーム・請求等がなされ、かつ当社が必要と認めた場合、またはその他の理由でサービスの運営上不適当と当社が判断した場合は、当該会員に対して、次のいずれかまたはこれらを組み合わせて講ずることあります。

 (1)会員規約に違反する行為を止めること、および同様の行為を繰り返さないことを要求します。

 (2)会員が発信または表示する情報を削除することを要求します。

 (3)第8条及び第9条に違反して、会員が当社のサービスを私的利用の範囲を超えて使用した場合、違約金として金100万円を請求します。

第15条(当社による会員資格の停止等)

 1 前条の措置のほか、会員が次のいずれかに該当する場合は、当社は、当該会員に事前に何ら通知または催告をすることなく、会員資格を停止し、または除名処分とすることができるものとします。

 (1)会員が会員規約で定める禁止行為を行っていたことが判明した場合。

 (2)サービスの利用料等その他の債務の履行を遅滞し、または支払を拒否した場合。

 (3)クレジットカード会社、立替代行業者等により会員の指定したクレジットカードや支払口座の利用が停止された場合。

 (4)その他当社が会員として不適当と判断した場合。

 2 前項により除名処分とされた会員は、期限の利益を喪失し、当該時点で発生している利用料その他の債務(前条3号の違約金を含みます)等、当社に対して負担する債務の一切を一括して履行するものとします。

 

第6章 その他

第16条(専属的合意管轄裁判所)

   会員と当社との間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を会員と当社の第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第17条(準拠法)

   会員と当社との間の法律関係は、日本法を準拠法とします。

以上